東京競馬場 / 芝1800m

■東京芝1800m 競馬予想のポイント
・スローペースが基本
・小回りのローカル向きは不利
・サンデーサイレンス系が主役

正面から見ると2コーナーを横切り、向正面に合流するコーナー3つの変則的なコースとなっており、合流地点までの距離は約150メートル。この合流地点までのポジション取りが全体のレースの流れにも影響してくる。
3コーナーへかけては緩い上り坂となっており、3〜4コーナーは下り坂。スローペースが基本となるため、上級条件になっても超スローペースからの上がりの競馬になりやすく、瞬発力勝負になることもある。
速い上がりが求められるため、小回りのローカルなどを得意としているような競走馬には苦しい。

枠順に大きな差はないが、内枠がやや有利な傾向が見られる。脚質は先行・差し馬に成績が集中している。逃げ・追込みも無いわけではないが、展開次第の面は否めないだろう

過去の主な勝ち馬は、ディープインパクト、シンボリクリスエス、フジキセキ、マンハッタンカフェ、ジャングルポケット産駒。基本的にサンデーサイレンス系種牡馬の産駒と相性の良いコースだ。

東京芝1800メートルの主なレース
6月 エプソムC
10月 府中牝馬S毎日王冠
11月 東京スポーツ杯2歳S




Copyright(C)keibayosou Google+