G1 / マイルチャンピオンシップ
トップ > レース情報 > G1 / マイルチャンピオンシップ
【開催場所】京都競馬場
【コース】芝1600m外

■マイルチャンピオンシップの競馬予想のポイント
・優勝馬は順当傾向
・3〜4枠に勝馬が集中
天皇賞(秋)経由の馬の好走率が高い
・4〜5歳馬が馬券の中心

京都競馬場、芝1600mで施行される中央競馬の重賞競走。3歳以上のレースとなっており、斤量は定量。3歳56kg、4歳以上57kg、牝馬はそれぞれ2kg減を基本としている。

第1回の施行は1984年で、グレードによる格付けはG1となっている。秋のマイラーチャンピオン決定戦として位置付けられており、春の安田記念と合わせてマイル戦線の春秋2冠体制が確立されている。現在に至るまで施行条件、時期などの変更は行われていない。

過去10年の成績からレース内容をひも解いてみると、優勝馬は5番人気以内で9勝を挙げており、優勝馬に関しては人気馬の不用意な割引は注意を要する。2着馬は4番人気以内から好走が目立つが2ケタ人気からも輩出されている、3着馬は10番人気馬にまで分布しているため、上位が人気サイドでも組み合わせ次第では、3連単が10万馬券となることもしばしばとなっている。

脚質では差し馬が5勝を挙げてトップ。次いで先行馬が3勝を挙げており、連対率では差し馬を上回る数値となっている。追い込み馬にも入着はあるが、上がり3ハロンで33秒台の脚を使えないと厳しい。また、逃げ馬は過去10年で2着と好走したのが2009年のマイネルファルケのみとなっているため、割り引いても問題は無さそうだ。

枠順では3〜4枠で6勝を挙げており勝馬はこの一帯に集中している。中でも4枠が連対率・複勝率で3枠を上回っている。4枠に次いで複勝率が高いのが7枠で、4頭の3着馬を輩出している。2着馬は満遍なく分布しているが、3着馬は7〜8枠から多めに輩出されている。5枠は過去に1頭の勝馬を輩出しているのみのため割り引きが可能と言える。

前走レースでは天皇賞(秋)を経由した馬が5勝を挙げてトップ。他は様々な重賞競走を経由しており、ローテーションは多岐にわたる。好走馬の殆どが重賞競走経由となっているため、重賞以外から経由した馬は割引対象と考えても良い。2着にはスワンS富士SスプリンターズS毎日王冠経由の馬が目立っているため、天皇賞(秋)経由の馬を中心に相手を探すと良いだろう。

最後に年齢に注目してみると、勝鞍では5歳馬が5勝を挙げているが、連対率・複勝率の面では4歳馬が優秀な結果となっていることが分かった。4歳馬は5歳馬に次いで成績が良いため、4〜5歳馬を中心としたい。6歳以上の馬は2011年のサプレザ(4番人気)、2009年のカンパニー(1番人気)のみのため、人気を背負った馬以外は思い切って割り引いてもいいかもしれない。



Copyright(C)keibayosou Google+