京都競馬場 / 芝1600m(外回り)
トップ > コース紹介 > 京都競馬場 > 芝1600m(外回り)
■京都芝1600m外回り 競馬予想のポイント
・先行〜追込みが好走
・枠順差はないが、6枠は揮わず
・ディープインパクト、アグネスタキオン産駒が圧倒的

マイルCSや京都金杯、シンザン記念などの重賞競走が多く行われるコース。内回りより勾配がキツく、高低差は4.3メートル。3コーナーまでが約700メートルと長く、新潟競馬場 のようにスタート後、横広の状態のまま先行争いになる。スタートから速めで、中盤でスピードも緩むことはないため、レース中に脚をタメることができるかがポイントとなる。
勝負どころは最後の直線入り口。ここで馬群がバラけるため、騎手のコース取りが重要になってくる。特にクラスが上がると差し馬の活躍が目立ち、重賞ともなると逃げ切りは滅多に見られない。

枠順はフラットだが、6枠は勝ちきれないことが多い。多頭数のレースでは外枠がやや厳しい傾向が見られる。脚質は、先行〜差し馬が優勢。緩みのない流れの中で脚を使える馬が狙い目でもある。

過去の主な勝ち馬として、ディープインパクト、アグネスタキオン、マンハッタンカフェ、ダンスインザダーク産駒が上位成績。特にディープインパクト、アグネスタキオン産駒は非常に優秀な成績を収めている。

京都芝1600メートル(外回り)の主なレース
1月 京都金杯シンザン記念京都牝馬S
2月 エルフィンS、洛陽S
4月 錦S、マイラーズC
10月 デイリー杯2歳S
11月 マイルCS



Copyright(C)keibayosou Google+