G3/京成杯
トップ > レース情報 > G3/京成杯
【開催場所】中山競馬場
【コース】芝2000m

■京成杯の競馬予想のポイント
・比較的順当な結果が多いレース
・中〜外枠に好走馬が多い
ホープフルS朝日杯FS組に注目

中山競馬場、芝2000mで施行される中央競馬の重賞競走。3歳限定の競走となっており、斤量は別定。馬齢重量である56kg、牝馬は2kg減を基本とし、日本馬は収得賞金1800万円以上は1kg増、外国調教馬は重賞競走優勝馬のみ1kg増となっている。

1961年に関東圏の4歳(現3歳)の最初の重賞競走として創設。第1回は中山競馬場の芝外回り1600mで施行されている。1984年のグレード制施行に伴いG3に格付けされているが施行距離の芝1600mがクラシック競走に直結していなかったため、クラシック路線の有力馬は回避する傾向があった。そのため1999年にジュニアカップと入れ替える形で皐月賞と同距離である芝2000mに施行距離を延長。その結果本競走で入賞を果たした馬が同年のクラシック戦線で活躍を見せることが多くなり、クラシック戦線を占う意味合いが強まっている。

過去10年の成績からレース内容をひも解いてみると優勝馬は1ケタ人気以内に収まり、1番人気が4勝、2番人気が3勝を挙げていた。2・3着は2ケタ人気まで分布しているが、入賞馬は5番人気以内に多く見られるため、比較的順当決着となることの方が多いレースと言えるだろう。なお、1・2番人気の馬は勝率・連対率・複勝率がいずれも高い数値となっているため中心視が可能。

脚質では差し馬が6勝を挙げトップの成績。2着馬も差し馬から7頭が輩出されており勝率・複勝率・連対率の全てで他の脚質よりも高い数値を残していたため、勝ち負けに絡む馬は差し馬を中心に選べるだろう。3着には先行馬と追込馬からそれぞれ3頭ずつ入着があったため、先行・追込馬は3着候補として注目すると予想がしやすいかもしれない。

枠順では5枠が3勝、6・7枠がそれぞれ2勝を挙げていた。2着は8枠から4頭、3着は4枠から3頭が輩出されていたため、中〜外枠から好走馬が輩出されている傾向が強い。内枠も悪くはないのだが、中〜外枠の成績と比較すると極端に成績が落ちるため、中心は中〜外枠から選びたい。

前走レースではホープフルステークス経由の馬が3勝を挙げてトップ。次いで朝日杯フューチュリティS、エリカ賞を経由した馬が続く。2着には未勝利戦、東京スポーツ杯2歳SラジオNIKKEI賞経由の馬がそれぞれ2頭ずつを輩出していた。特別戦と重賞競走を経由した馬の間にそれ程差はないが、前走で同コースまたは本競走と同距離のレースに出走していた馬が好走する傾向が見られるため、前走レースを見る場合は中山芝2000m、または芝2000mのレースを経由してきた馬に注目すると良いだろう。



Copyright(C)keibayosou Google+