G3/関屋記念
トップ > レース情報 > G3/関屋記念
【開催場所】新潟競馬場
【コース】芝1600m

■関屋記念 競馬予想のポイント
・先行馬が有利、次いで追い込み
・外枠が圧倒的に有利
・4歳馬に注目
安田記念組は軽視禁物。エプソムC組も注意

新潟競馬場、芝1600mで施行される中央競馬の重賞競走。3歳以上のレースとなっており、斤量は別定となっている。3歳は53kg、4歳以上は56kgが課される。牝馬はセックスアローワンスにより2kg減となっている。その他、収得賞金が3000万円を超える馬は、2000万円ごとに1kgが加算されることになっている。

第1回の施行は1966年でグレードによる格付けはG3となっている。中京記念関屋記念京成杯オータムハンデからなるサマーマイルシリーズの第2戦に数えられる。

過去10年の成績からレース内容をひも解いてみると、14番人気のカンファーベストが優勝した2006年を除いて、優勝馬はいずれも1ケタ人気の馬が優勝を果たしている。しかし、2着馬、3着馬と着順が下がるにしたがって、分布する人気の幅が広くなり、3着馬となると2ケタ人気の各馬の好走も出てくるようになっている点から、3連系の馬券の予想の際には幅広い検討が必要と言えるだろう。

脚質では先行馬が勝率・連対率で優秀な数字となっている。次いで追い込み馬。新潟の舞台は直線が長いので、後ろからの追い出しでも充分に間に合うことを物語っている。逃げ馬がそのまま逃げ切るケースや、粘り切るケースもあるが、差し馬は3着までとなっているので注意が必要だろう。

枠順では7・8枠が過去10年のうち7勝をあげるなどしており圧倒的に外枠有利と言える。6枠は2着馬が、そして5枠は3着馬が多くなっているのも外枠ほど有利となっている言える結果を物語っている。4枠より内側は勝率・連対率・複勝率のいずれを取っても寂しい結果となっており、特に4枠に至っては入賞馬の輩出がゼロの死に枠となっている点は注意が必要だろう。

年齢では4歳馬が飛びぬけた好走率を誇っており、特に5番人気以内に支持された4歳馬は買い。出走メンバーを見渡して5番人気以内に推されそうな4歳馬がいたら、押えておいた方が良いだろう。

前走レースに注目してみると、安田記念経由で臨んだ馬が4頭中3頭が馬券になるなど優秀な結果となっている。その他では優勝馬の輩出こそ無いがエプソムカップ経由の馬の連対率が高い結果となっている。七夕賞もエプソムカップほどでは無いが連対馬を送り込んでいる。逆に中京記念を経由してきた馬が入賞率がかなり低くなっているので割り引きが可能かも知れない。



Copyright(C)keibayosou Google+