種牡馬/ダンスインザダーク
トップ > 種牡馬 > ダンスインザダーク
芝・中長距離を得意とする【ダンスインザダーク】

現役時代の成績 【8戦5勝】

【主な勝ち鞍】菊花賞  弥生賞  京都新聞杯
【代表産駒】ツルマルボーイ ザッツザプレンティ クラレント ダークシャドウ

デビュー前から姉のダンスパートナーがオークス制したことで注目を集めていた当馬。初戦を快勝後、強豪が集うラジオたんぱ杯3歳Sに挑むも、ロイヤルタッチ、イシノサンデーに先着を許し3着。続く年明けのきさらぎ賞でも、ロイヤルタッチに敗れ2着となるが、次走の弥生賞ではイシノサンデーを逆転した。
前哨戦を制したことで皐月賞へと進む予定だったが、熱発の為回避。復帰戦となったプリンシパルSを快勝し挑んだダービーでは、ゴール寸前で伏兵フサイチコンコルドにクビ差で交わされ2着。秋の菊花賞では驚異的な末脚で先行勢を抜き去りG1初制覇を達成したが、レース後に左前脚屈腱炎が発覚し、電撃的引退となった。

この馬自身がスペシャルウィークと似た配合形となっており、産駒の中には菊花賞を制した馬が2頭いることからも、サンデー系種牡馬の中でも屈指のスタミナを誇るは、母方がスピード系の為、スピードのある牝馬との配合するとダークシャドウやクラレントといったマイラーのスピード方が出る。近年ではこの配合での活躍馬が多く出ているため注目したいところ。

また、芝では京都、ダートではローカルコースを得意としており、3歳〜4歳に掛けて中距離を中心に成績を残している。また、芝の道悪は不得意としているが、ダートでは好走する傾向があるため、競馬予想をする際の参考としたい。