種牡馬/ディープインパクト
トップ > 種牡馬 > ディープインパクト
現役時代は三冠馬となり、引退後は父としても実力を発揮しつつある名馬【ディープインパクト】

現役時代の成績 【14戦12勝】

【主な勝ち鞍】日本ダービー  ジャパンC  有馬記念  宝塚記念 など
【代表産駒】ジェンティルドンナ マルセリーナ リアルインパクト ジョワドヴィーヴル

日仏合わせて14戦12勝、数々の国内GIを制し名馬となったディープインパクト。代表産駒の中には2012年の三冠牝馬ジェンティルドンナがいるなど、産駒にも優秀なものが多い。血統的には配合次第でマイル〜長距離までを輩出するオールラウンダーと言える。そんな産駒の成績傾向は、芝ではどの距離でも平均的な成績を残すものの、中距離での好成績が目を引き、ダートでは短・中距離での好走が多い。芝コースは通年を通して成績が良く、ダートでは夏〜秋にかけて高い回収率を誇っている。

また、札幌、福島、東京の芝コース、新潟、中山、京都、小倉のダートコースでの成績が優秀であるため相性が良く、馬券的な見方をすれば秋開催のダートコースが狙い目と言える。その為、競馬予想をする際にはこれらを踏まえて予想を立てたい。また、現役時代の成績からか産駒も人気となりやすく、1、2番人気となっていれば複勝率を50%を超えているため、抑えておくと良いだろう。

また、産駒は総じて父譲りの運動神経の良さを受け継いでおり、初年度の産駒であるリアルインパクトやマルセリーナがそれぞれマイルGIを制覇、2年目の産駒からもジョワドヴィーヴルがGIを制している。小柄な産駒が多く、他馬と比較して華奢に移ることもあるが、見た目以上に好走するため、落ち着いた性格の馬がいれば注目したい。