種牡馬/フジキセキ
トップ > 種牡馬 > フジキセキ
内国産馬JRA通算勝利数歴代トップ!【フジキセキ】

現役時代の成績 【4戦4勝】

【主な勝ち鞍】朝日杯フューチュリティS  弥生賞
【代表産駒】カネヒキリ キンシャサノキセキ ファイングレイン ミラクルレジェンド

サンデーサイレンスの初年度産駒の1頭として生まれ2歳の8月にデビューすると初戦、2戦目と順調に勝ち進み、3戦目の朝日杯では重賞初挑戦ながらも好位から楽々交わして快勝。サンデー産駒では初のG1馬となり不敗のまま最優秀2歳牡馬に選出された。翌年は弥生賞から始動となったが、左前脚の屈腱炎を発症した為に現役を引退することとなったが、わずか4戦の成績で強烈な印象を残した。

血統的に産駒にはスタミナタイプが多くられるが、祖母にはスピードタイプが居るためスプリンターの大物を輩出することもある。また牝馬との交配にもよるが、ミスプロ系ではスプリンター・マイラー系、デピュティミニスターを持つ牝馬との配合では代表産駒のカネヒキリやミラクルレジェンドなどのダートの鬼が出やすい傾向がある為、血統はチェックしたいところ。

早熟傾向があるのか2歳時の成績は芝・ダート共に良い。また、芝コースでは東京での成績が良く短距離向き、ダートでは新潟・阪神と相性が良く、中・長距離向きと正反対な結果を残している。全体的な成績で見ると、若干だがダートの成績が上であるため、競馬予想をする際には参考にして欲しい。