G2/マイラーズカップ
トップ > レース情報 > G2/マイラーズカップ
【開催場所】京都競馬場
【コース】芝1600m外

■マイラーズカップ 競馬予想のポイント
・逃げ馬の一発を常に警戒
・8枠の勝率が高い。1枠7枠は不振
中山記念経由で臨んだ馬が強い
東京新聞杯組は3着まで。ダービー卿CT組は割引き。

京都競馬場、芝1600m外回りで施行される中央競馬の重賞競走。4歳以上の古馬戦に指定されており、斤量は別定。56kgを基本とし、牝馬はセックスアローワンスにより2kg減の54kg。その他、施行日からさかのぼって1年の間にG1を勝った馬には2kg増。牝馬G1・G2の勝馬には1kg増が課せられるようになっている。

読売新聞社が優勝杯を提供しており「読売マイラーズカップ」と呼ばれることも多い。第1回の施行は1970年で、グレードによる格付けはG2である。ダービー卿チャレンジトロフィー、京王杯スプリングカップと並び、安田記念の前哨戦に位置付けられている。また、近年は2006年に新設されたヴィクトリアマイルの前哨戦としての機能も持っており、複数の優勝馬を輩出している。

過去の成績からレース内容をひも解いてみると、過去10年の3連単配当では100万馬券が1回、10万馬券が3回、万馬券が4回となっており、およそ半数が波乱の結果となっている。人気にもそれが現れており、最も勝鞍が多いのは3番人気で4勝、次いで1番人気馬で3勝という順になっている。2ケタ人気となると一気に好走が減るが、6〜10番人気の馬なら、1〜3着で十分に健闘しているというデータが出ており、競馬予想の際には幅広い検討が必要と言えるだろう。

脚質に見る傾向では、常に逃げ馬の一発を警戒する必要がある。開幕2日めの馬場ということもあり、京都の平坦な直線では簡単には前が止まらない。回収率も非常に優秀で、競馬予想には少なくとも1頭の逃げ馬を入れることをオススメしたい。次いで先行馬、差し馬と続く。差し馬は2〜3着が多くなっており、前述の「前が止まらない」傾向を物語っている。追い込み馬は常に厳しいので、迷った場合には割引きが可能だ。

枠順では極端な傾向が出ており、過去10年では8枠が勝鞍5勝を挙げている。その他、複勝率が高いのは6枠、3枠4枠まで。1枠と7枠はそれぞれ2着馬を1回輩出するに留まっているので、今後も注目すべきデータかも知れない。

その他、前走レースでは好走が多いのは、前走中山記念を使った馬で3勝を挙げている。その他オープン戦からの勝ち上がり優勝などが目立つ。その他特筆すべき点としては、東京新聞杯経由で臨んだ馬の3着が多く、さらにダービー卿CT経由で臨んだ馬はほとんど馬券になれないという傾向があるので、競馬予想の際には参考にして欲しい。



Copyright(C)keibayosou Google+