G2/札幌記念
トップ > レース情報 > G2/札幌記念
【開催場所】札幌競馬場
【コース】芝2000m

■札幌記念 競馬予想のポイント
・基本的には人気どおりの着順
・差し馬が有利。連対馬には先行馬が多い
・追い込み馬はいつでも不利
・中枠が有利。1枠は好走馬の輩出なし
宝塚記念経由の馬に注目。その他ではクイーンS組など

札幌競馬場、芝2000mで施行される中央競馬の重賞競走。3歳以上のレースとなっており、斤量は定量となっている。3歳馬は54kg、4歳以上57kgが課されることになっている。牝馬はセックスアローワンスによりそれぞれ-2kgとなっている。

第1回の施行は1965年と歴史のある重賞となっており、グレードによる格付けはG2となっている。七夕賞函館記念小倉記念、札幌記念、新潟記念からなるサマー2000シリーズの第4戦に数えられている。

過去10年の成績からレース内容をひも解いてみると、優勝馬は1番人気馬が4勝と最多。その他はいずれも1ケタ人気馬で収まっている。2着馬3着馬となるとそれぞれ2ケタ人気馬の好走も許すようになり、3着馬が一番分布が広くなっている。3連単・3連複などの3連系の予想をする際には幅広い検討が必要かも知れない。

脚質では差し馬が勝率でトップとなっているが、連対率では先行馬が上回っている。逃げ馬も3頭に1頭は馬券になっているので常に警戒が必要。追い込み馬だけは1頭も馬券になれていないので、割引きが可能といえる。

枠順では中枠が有利。最も好走率が良いのは2〜6枠で、中でも3枠の複勝率は50%を超える好走率となっている。7・8枠は若干好走率が落ちるが、1枠だけは1頭も入賞馬の輩出が無いので割り引くことが可能かも知れない。

前走レースに着目してみると、函館記念経由で臨んできた馬が最も多く、したがって好走馬も多くなっているが率としては低い。一方、宝塚記念経由で臨んだ馬は8頭のうち5頭が馬券になれている点からも、宝塚記念経由で臨んだ馬の軽視は禁物と言えるだろう。その他では、クイーンステークス経由で臨んだ馬が2年に1度は馬券になっているので、こちらも余裕があれば押えておきたい。



Copyright(C)keibayosou Google+