種牡馬/シンボリクリスエス
トップ > 種牡馬 > シンボリクリスエス
短距離から長距離まで。幅広い活躍を見せる【シンボリクリスエス】

現役時代の成績 【15戦8勝】

【主な勝ち鞍】有馬記念 (2回) 天皇賞(秋) (2回) 青葉賞 など
【代表産駒】サクセスブロッケン ストロングリターン サンカルロ ダノンカモン

現役成績15戦8勝、その内の4勝には有馬記念2勝、天皇賞・秋2勝という記録が含まれている。3歳秋に能力が開花して以降は、天皇賞・秋と有馬記念を連覇し、2年連続で年度代表馬に選出されている。

産駒の特徴としては、代表されるストロングリターンやサンカルロのように脚の長い大型馬が多い。以前は馬格を活かした体力勝負で他馬を圧倒してきた系統だが、近年は繁のクッションの硬さも目立たなくなり、芝の瞬発力勝負にも対応する産駒が多く、中距離からマイル寄りの距離適性に変わってきている。
これにはスピードのある牝馬との配合が成功し、ダノンカモンのように母のスピードで走っている産駒が多くなった為である。しかし、父譲りの体型とストライド走法を受け継いだ産駒には芝・ダート共に直線の長いコースを得意とする馬が多いため、競馬予想をする際には注意しておきたい。

また、性別では牡馬に活躍馬が多く見られ、コース別では中央開催よりもローカル開催のダートコースで勝率・複勝率が共に良く、重・不良馬場でも安定した成績を残している。父馬の実績からか、産駒も人気馬となりやすく出走すれば期待に応える走りを見せてくれるため、中央に限らずローカル戦でこの父を持つ牡馬がいた場合は有力候補として抑えておいても良いだろう。