G3/CBC賞
【開催場所】中京競馬場
【コース】芝1200m

■CBC賞 競馬予想のポイント
・波乱の結果になることも
・勝馬は先行馬が圧倒的
・5枠が死に枠?
・重いハンデの馬は軽視禁物
高松宮記念経由の馬の好走率が高い

中京競馬場、芝1200mで施行される中央競馬の重賞競走である。3歳以上のレースとなっており、ハンデ戦となっているため斤量はハンデキャッパーの設定による。

第1回の施行は1965年で、グレードによる格付けはG3となっている。函館スプリントS、CBC賞、アイビスサマーダッシュ北九州記念キーンランドCセントウルSの6つからなるサマースプリントシリーズの2戦目に数えられる。秋のスプリンターズSに向け、高松宮記念の出走馬や、短距離を主戦場としたい3歳馬が出走することが多い。

過去の成績からレース内容をひも解いてみると、現在の施行条件となった2006年からのデータでは、勝馬は4番人気以内がほとんどだが、2ケタ人気馬からも勝馬が出ており、その場合には大波乱となる。2着馬はすべて1ケタ人気馬から輩出されているが、3着馬は2ケタ人気馬まで幅広く分布している。

脚質では先行馬が圧倒的に有利で勝馬のほとんどが先行馬から輩出されているが、逃げ馬の前残りにも十分警戒が必要。差し馬も好走馬を輩出しているが、2〜3着が多くなっている。追い込み馬からも入賞馬は出ているが、連帯率・複勝率は低い傾向が出ている。

枠順では3枠・6枠・8枠に好走馬が多い傾向が出ているので、競馬予想の際には該当の枠に入っている馬には注目してみると良いだろう。逆に2枠・4枠・5枠は好走率が低くなっており、中でも5枠に至っては優勝馬はおろか複勝圏にも入賞できておらず死に枠と呼べる結果となっている。

斤量では51kg以下を背負った馬からは好走馬の輩出が無いので割引が可能。逆に57.5〜59kgの重いハンデを背負った馬は好走馬が多い傾向となっている。実力ゆえに重いハンデを背負わされた馬は、そのまま好走する傾向が出ていることを物語っている。

前走レースでは高松宮記念経由で臨む馬からの好走馬が多くなっているので警戒。ただし、入賞するには高松宮記念で5着以内で入賞している必要があるというデータが出ている。他にはヴィクトリアマイル経由で臨んだ馬からも好走馬が出ているが、こちらは2ケタ着順になっていても巻き返す可能性があるので注意が必要だ。



Copyright(C)keibayosou Google+