G3/函館記念
トップ > レース情報 > G3/函館記念
【開催場所】函館競馬場
【コース】芝2000m

■函館記念 競馬予想のポイント
・波乱傾向が強いレース
・差し馬が有利。追い込み馬は割引きが必要
・2〜5枠に好走馬が多い
・巴賞で好走した馬は要注意

函館競馬場、芝2000mで施行される中央競馬の重賞競争。3歳以上のレースとなっており、ハンデ戦となっているため斤量はハンデキャッパーの設定による。

第1回の施行は1965年で、グレードによる格付けはG3となっている。2009年のみ函館競馬場の改修工事に伴い札幌競馬場で施行された。七夕賞、函館記念、小倉記念札幌記念新潟記念の5つからなるサマー2000シリーズの2戦目に数えられる。

過去の成績からレース内容をひも解いてみると、基本的には波乱の傾向が伺える結果が出ており、2年に1度は3連単が10万馬券となっている。過去10年で最も勝鞍を挙げているのは4番人気馬で4勝。ほか、1ケタ人気いっぱいまで幅広く分布している。2着馬になると分布の幅が広がり2ケタ人気馬も対象に。3着馬でも幅広い人気に分布しているが、1ケタ人気馬までとなっている。

脚質では差し馬が断然の結果となっており6勝。次いで先行馬となっている。逃げ馬も3回に1回は馬券になっているが、人気を背負っている場合が多いので競馬予想の際には参考にして欲しい。追い込み馬は苦しく勝率・連対率・複勝率のいずれを取っても厳しい。追い込み馬に関しては割引が可能と言えるだろう。

枠順では2〜5枠に好走馬が固まっており、中でも2枠と4枠が3勝ずつ挙げておりトップ。そして外枠に行くほど好走率が低くなっている点から、外枠不利と見て良いだろう。6〜8枠で好走馬を輩出する場合には2〜3着までとなっている。1枠は2着馬を1度輩出したのみでこちらも不振。競馬予想で迷った際には2〜5枠の中で選ぶと良いかも知れない。

ハンデ戦ということで斤量にも着目してみよう。好走馬の中心は53.5kg〜57kgに分布されている。53kg以下の軽い斤量となった馬からは好走馬が少なくなっているので、迷った際には割り引いても良いだろう。57.5kg以上の重いハンデを課された馬は過去に5頭いるが、2013年のトウケイヘイローの優勝を除いて、すべて着外に沈んでいるという結果になっている。

最後に、前走レースに注目してみると、函館のオープン戦である巴賞を経由して臨む馬が圧倒的に多く、したがって好走馬もここに多く分布している。中でも巴賞で5着以内に入賞した馬の好走率が高くなっているので、巴賞での着順にも注目して欲しい。他には、頭数が極端に少ないが近年で好走馬を排出しているレースとしては、新潟大賞典組、鳴尾記念組となっている。他には目黒記念組、天皇賞・春組もいるが、こちらは結果は今ひとつとなっている。




Copyright(C)keibayosou Google+